原因と予防

アイシャドウをした女性

最近では体臭や口臭をはじめ、香水や柔軟剤、制汗剤、ヘアケア用品などの人工的なニオイによって自分でも気づかないうちに周囲の人たちに不快な思いをさせてしまっているスメルハラスメントが話題になっています。 香水や柔軟剤、制汗剤、ヘアケア用品などの人工的なニオイは、使用を控えることでスメルハラスメントの問題は解決しますが、体臭や口臭などは対策が必要です。 まず体臭で特に多くの人が悩んでいる加齢臭の対策方法について説明します。 加齢臭は男性で40代後半、女性で50代から発生すると言われており、男性の方が発生しやすい傾向にあります。 加齢臭の起こる原因は脂肪酸と過酸化脂質が結び付き発生するノネナールにあります。加齢とともに脂肪酸と過酸化脂質酸化特性力が低下してしまいノネナールを発生しやすくなります。

まず基本的なことですが、人間の体は食べたもの飲んだものによって出来ています。それが加齢臭などのニオイにも繋がってきます。 食べ物や飲み物の注意点から言うと、肉類や脂っこい食べ物はニオイの発生に大きく関与しているので、肉類や脂っこい食べ物を控えることです。 そして飲み物はコーヒーや清涼飲料水などは控え、カテキンが多く含まれている緑茶を飲むとが効果的です。 次に外側からのケアですが、加齢臭には柿渋石鹸や柿渋ボディーソープが効果的です。 柿渋石鹸や柿渋ボディーソープが効果的な理由はノネナールの発生元であるバクテリアを抗菌し、元からニオイを消してくれる石鹸であるからです。 そして柿渋石鹸や柿渋ソープは天然成分で出来ていますので肌に優しく毎日使用することが出来ます。